当院の通所リハでは「足育リハビリ」特化型デイケアとして生まれ変わり、レクレーションを廃止いたしました。朝から夕方の時間の中で、機能訓練を中心としたリハビリと食事や入浴サービスをご提供します。リハビリでは、おひとりおひとりの状況にあった生活動作の練習、毎日の屋外での歩行練習、畳の上での生活を取り戻す練習、そして食事や入浴サービスでは、介助の必要な方に食事介助や入浴介助を行います。

 

 

個別リハビリテーション

正しい足と姿勢の機能を取り戻すために、マンツーマンでの足育にこだわったリハビリメニューを組んでいます。楽しく取り組んでいただけるよう、お一人おひとりに合わせて工夫しています。

サーキットトレーニング

足育トレーニングで基礎を固めて、実生活に向けた動作トレーニングを行います。動作に重要な3つの要素、筋力・柔軟性・体幹を無理なくバランス良く鍛えます。温熱療法を組み合わせ、筋疲労を抑えて体に負担をかけずにトレーニングが行えます。

入浴

当施設では、「一般浴」・「介助浴」・「特別浴」で対応いたします。通所で入浴介助を受けたいが、体力的に長時間の利用が難しい方や、自宅での入浴に不安を感じ始めた方、見学もできますので、相談お待ちしております。特別浴とは、シャワーで全身を緩めながら、ドーム内で洗身ができるものです。「フルフラット姿勢で入浴できる」等のメリットがあり、車椅子の方でも安心して入浴ができます。

昼食

お食事に関しましては、一人ひとりに合った食事形態やご要望にできる限り対応した、温かいお食事をご提供しています。摂食・嚥下障害がある方については、病態や食形態などのお食事相談を実施し、安心してお食事を続けていただくお手伝いをさせていただきます。

屋外歩行

立地を活用し、病院の施設や設備を利用した実践トレーニングができます。エレベーターの乗降、坂道や階段の昇り降り、長距離歩行など、社会適応に即した身体機能をトレーニングを毎日行っていきます。さまざまな障害のある屋外で歩くことは身体能力だけでなく、環境に合わせて応用力を必要とするため高次脳機能などをトレーニングすることができます。

足湯

当施設では足育の一環として、毎日皆様に足湯を実施しています。服を着たまま気軽に温浴でき、体と心を癒してくれます。足裏にあるメカノレセプターの感度を上げるために行うほか、足湯に浸ると血液が穏やかに全身を巡り、体中の細胞が活性化し、免疫機能が高まります。また、足湯は血液循環の改善にも良く、冷えやむくみを軽減してくれます。さらには、自律神経を整える効果があり、心身ともにリラックスし始めます。

◯ 1日の流れ

9:00  送迎バス到着
9:30  バイタルチェック
11:30 リハビリ・入浴
13:30 昼食
15:00 リハビリ・屋外歩行
15:00 軽食
15:30 送迎バス到着