令和3年4月22日の日本経済新聞に
豊北病院 理事の湯浅慶朗の記事が掲載されました。

足指の重要性について語られています。
特に高齢期の関節障害から身体を守ってもらえるよう
靴の履き方に対する想いが込められた記事です。