足指変形5つの種類

足指の変形、あなたはいくつ知っていますか? 外反母趾はよく知られていますが、それ以外にも内反小趾、寝指、屈み指、浮き指と全部で5つの足指変形の種類があります。これから、足指の変形をひとつずつ解説していきます。

まず自分の足や指を見てみよう

ほとんどの方が、自分の足や足指をじっくりと見たことがないのでは?と思います。爪を切るときくらいでしょうか。外反母趾は知っていても、浮き指や屈み指のことは知らないのでは?自分には関係ない、そう思っている方も多いと思います。しかしこれまで6万人以上の方の足指を見てきて、ほとんどの方が浮き指・屈み指・寝指になっています。

 

外反母趾

誰もが知っている足指の変形の代表格です。両足を揃えて、左右の親指の間にVの字の隙間ができます。そこに人差し指が、足指の付け根まで入ると「外反母趾」です。体を支える大黒柱。親指が曲がることで、足だけでなく体全体に力が入らなくなります。

 

内反小趾

ボールペンや定規などを小指側に当てて見ましょう。爪のこところに隙間ができれば内反小指といいます。小指の付け根が赤かったり、小指の爪が小さかったり、薬指と小指の間にタコができていれば可能性が大きいです。小指は体重が外側にかからないように制御しています。小指が使えていない人は、体重が外側にかかるので「O脚」になりやすいです。さらには体の左右差による「肩こり」や「首こり」も起こしやすくなります。

 

寝指

小指や薬指が真横に寝転んでいたり、くの字に曲がっていたりすれば「寝指」です。爪の向きを見ればわかりやすいと思います。親指に比べると、薬指や小指はないがしろにされやすいです。しかし手の小指がなければ、包丁を握ってものを着ることも難しくなります。野球のバットやゴルフクラブも同様で、小指がなければ力を入れることができません。足も同様ですが、小指が使えていない人は、まっすぐ立つことも歩くことも難しくなります。

 

屈み指(かがみゆび)

上から見ると2〜4指の爪が、真下を向いていたり、見えにくかったら「屈み指(ハンマートゥ)」です。「かくれ屈み指」というものもあり、体重がかかった時だけ足指がギュッと曲がる人がいます。屈み指は足のブレーキです。屈み指のクセがついていると、常に体にブレーキがかかります。転びやすかったり、つまづきやすかったり。さらには体が疲れやすく、足のふくらはぎがパンパンになりやすいです。姿勢も猫背に近づき、歩き方に異変が出てくるのも「屈み指」のせいかも知れません。

 

浮き指(うきゆび)

小指の浮き指。名刺でも良いですが、小指の下に入れてスカスカ入るようであれば浮き指です。保育園調査でも3歳児の浮き指率は70%以上。小指は一番弱い力で変形していく指です。チューブ型の靴下を履くだけでも、小指は少しずつ曲がっていきます。

 

親指の浮き指

真正面から見て、爪が見えない状態、もしくは他の指の爪の向きと違って上に反り上がっている状態であれば浮き指です。靴下の親指の部分がいつも破れるという人はうきゆびの可能性が高いです。

 

足指変形と体の健康

足指が変形していると足だけではなく、体の様々なところに不調をきたします。それは「Hand-Standing理論」で考えれば理解しやすいと思います。

「ハンドスタンディング理論」とは、人が立つ時の状態を、逆立ちに置き換えて考えることを言います。逆立ちするとき、手の形はどうしますか?手の指を大きく広げ、まっすぐ伸ばしているはずです。指を広げて伸ばし、地面をつかむことで上体のバランスが保てるのです。手の指が閉じていたり、曲がっていたら逆立ちはできません。手を「足」に置き換えると、手首は足首、ひじは膝、肩は股関節に当たります。足指がしっかり広がって伸びている状態であれば、最も無理のない体勢で、まっすぐにバランスよく立つことができるというものです。詳しくは下記サイトを参照にして下さい。

湯浅慶朗の定理ーHand-Standing理論とは?

 

 

足指が曲がっていると全身に負担がかかる

私たちの体を支えているのは「足」です。足がしっかりしていないと、体の機能まで働かなくなります。足のゆがみは、足指の変形から始まります。足指が曲がると、足首や膝に負担が出始めます。私の体を使った実験で明らかになりました。足首や膝への負担を減らすために、今度は別の場所に負担が出てきます。それが股関節・骨盤、さらにはその上に伸びている背骨まで影響が出るのです。背骨がSの字(側弯)になるのも、足指のせいかも知れません。さらには顔のゆがみや顎のズレまで引き起こすこともあります。こうしたゆがみや負担が、体の不調として現れてきます。

など多岐にわたっています。

 

代表格の外反母趾は筋力の低下

外反母趾の原因は「ハイヒール」ではありません。靴の中で足が滑ることによる「足裏の筋力の低下」です。筋力というものは加齢により低下することがありますが、足指を使わないことによる筋力の低下もあります。足には多数の筋肉があるのですが、その中でも中足骨(ちゅうそくこつ)という「足指の付け根」から「足首」の部分まである長い骨同士を引っ張りあっている筋肉があります。それが骨間筋(こっかんきん)といいます。その筋肉の力が落ちてしまって骨同士を支えきれなくなった時に「足の幅」が広くなります。いわゆる「開帳足(かいちょうそく)」です。

そうなるとどうなるか。小指の骨から出ている「母指内転筋(ぼしないてんきん)」という筋肉が親指の付け根を引っ張ってしまうのです。

元々この筋肉は親指を閉じるためにあるのですが、足の幅が広がってしまうと母指内転筋(ぼしないてんきん)伸びきってしまうので、元に戻ろうとして親指を内側に引っ張ってしまうのです。それが長期間続いてしまうことで、親指がくの字に曲がってしまい「外反母趾」になるということです。

 

足指の変形を良くするにはどうすれば良いの?

足指の変形には「ひろのば体操」をオススメしています。下記に正しいやり方の動画をアップしています。やり方によって効果が大きく異なるので、良く見ながらしっかりと真似をして見て下さい。1日1回5分〜なのでカンタンに始められます。

 

豊北病院 通所リハビリテーションセンターでは、患者様自身によるセルフケアを重要視しております。自分の体は自分で変えることができると信じているからです。「これさえやっていれば良くなる」というプラスの医療では効果は低いと言えます。なぜなら、今の体が「これまでの生活習慣の繰り返し」によって出来上がっているからです。

つまりは「良いことを足す」のではなく、「悪いことを排除(引く)」ことが大切なのです。その悪いことを見つけ出す作業こそが、豊北病院 通所リハビリテーションセンターの得意とすることです。薬や手術で解決しようとする他力本願の「足す治療」から、自力本願で薬や手術から縁を切ることを目ざした「引く治療」を目指す。そして皆さんが見る目を養うこと。

自分自身では「当たり前」と思ってやっていることが実は悪さをしていることがあります。歩けないのは、決して加齢のせいでも、筋力のせいでも、病気のせいでもありません。自分自身の「元に戻す力」を信じて欲しいと思います。ひろのば体操は、皆様の健康にとって必ず役立つツールの一つになると信じています。